メインイメージ画像

大阪のデリヘル嬢について

僕は大阪の大学に通う2年生で彼女いない歴=年齢の21歳。当然の事に童貞である。所属していたサークル内では、男女先輩後輩がそれぞれつきあったり別れたりを繰り返しており。僕はそういうのとは縁のない男だけの非リアグループに所属していました。そろそろ卒論の構想などを新学期初めに発表しなくてはいけなく、 俺も夏休みの中旬からなんとなく構成を固め始めた。

そういえば僕は恋愛といったものをしたことがなくて、女性というものを全く知らない。「このままだと一生童貞を貫く事になる」と考えだしたら卒論の事が手に付かなくなってきた。その非リアグループもほとんど僕と同じ境遇の持ち主なので話しづらかったが、一度みんなで宅飲みをしているときにフイに話振ってみた。「好きになった事はあるがフラた」や「ブスからなら告白された事がある」など、非常に異性関係に乏しい内容となってしまった。そんな中友達の一人が「風俗ってどうよ?」と言い。

僕らは様々な風俗関係のホームページを閲覧しまくり、その中で自分の好みの子を探した結果、大阪市内にある某デリヘル店に純粋そうで小顔で肌が透き通る程白い好みの女の子を発見した。「デリヘルでも本番をやれる」と聞いていた僕は、どうせ捨てるのであれば、自分が本当に好みだと思った女の子で捨てたい!と思い、その某デリヘル店の名前を携帯にメモをしておきました。僕は地方から出てきて大学に通っている為、一人暮らしをしています。